プーアール茶 効能 高血圧

本当は怖い高血圧

厚生労働省によると、2006年に行われた国民健康・栄養調査において、40〜74歳の人のうち男性は約6割、女性は約4割が高血圧(140/90mmHg以上)という結果だったそうです。

 

また、高血圧になる原因のひとつに運動不足がありますが、同じ調査において、日常生活で体を動かすことを「実行していない」と回答した人は、男性の20〜50歳代、女性の20〜40歳代で4割以上もいたそうです。

 

このことはつまり、40歳以上の2人に1人が高血圧であり、若年〜中年の世代でも将来高血圧になる可能性の高い人が半数近くいることを表しています。

 

今現在あなたが40歳以下だとしても、けっして安心しないでください。

 

高血圧は自覚症状がなく、知らないうちに重度の合併症が進行している場合もある「サイレントキラー」のひとつです。

 

高血圧の弊害

血圧が高いと、おもに血管、心臓、腎臓に障害をもたらします。

 

高血圧による血管への弊害

高血圧は血管に負担を与えて動脈硬化を起こし、血流を悪くしてしまいます。

 

また弱くなった血管はもろく、破れやすくなります。

 

血流が悪くなり脳への血液が不足すると脳梗塞の原因となり、また脳の血管が破れれば脳出血、脳卒中を引き起こします。

 

心臓の負担

高血圧が続くと心臓への負担が増し、心臓はそれに応えようと心筋を増やします(心肥大)。

 

また心臓に酸素などを運ぶ動脈が硬くなると血流が悪くなり、血液が溜まり、心筋症や心筋梗塞の原因となります。

 

腎臓にも障害が

腎臓は体内の老廃物を排出するのに大事な器官ですが、おもに毛細血管によって構成されています。

 

ですので、血圧が高いとそれらの血管を通る血流も悪くなり、うまく排出することができなくなります。

 

高血圧の解消法・予防法

高血圧などの生活習慣病は、何よりも予防が大事です。

 

とくに高血圧は、普段の生活を改善するだけで効果があるのですぐにでも実行すべきです。

 

そして生活習慣の改善は予防法であると同時に解消法でもあるので、今現在血圧が高いかな、という人も積極的に見直しましょう。

 

主な改善すべき生活習慣は以下のとおりです。

 

  • 塩分の取り過ぎ
  • 適正な体重を保つ
  • 適度なアルコール摂取量
  • 適度な運動
  • 禁煙
  • 脂質の摂取量を制限

 

プーアール茶は生活習慣病の予防に効果のある飲み物とされていますが、とくに脂質の摂取量を制限するには効果的かつ便利なお茶です(参考論文:『一宮女子短期大学紀要』「発酵食品における血液関連生理活性物質について」PDF野田裕子)。

 

プーアール茶の脂肪吸収抑制効果と脂肪燃焼促進効果

重合カテキンと没食子酸についてで述べているように、プーアール茶には脂肪の吸収を抑制する効果があります。

 

また、プーアール茶にはリパーゼという消化酵素の働きを助ける効果もあり、体内の脂肪燃焼を促進してくれます。

 

つまり、上記2番目の「適正な体重を保つ」ことにも役立つのです。

 

もちろん、プーアール茶を飲んでさえいれば良いわけではなく、食べる量そのものを減らすことも大事です。

 

しかしプーアール茶を飲むことで、食べ過ぎによる過剰な脂質の摂取をある程度抑えることは可能になります。

 

脂質の制限にはサプリメントなども有効ですが、プーアール茶なら普段飲むお茶を変えるだけで済むので気軽に実行できますね。

 

※なお、当記事における解説は、プーアール茶一般についての見解であり、個別の商品に対する説明ではございません。

 

【関連記事】