プーアール茶 効能

あなたは自分の体臭を把握していますか?

鼻をつまむ女性

わきがや加齢臭などの体臭は、自分でなかなか気づかないところがやっかいです。

 

とくに女性の場合、「加齢臭なんてオッサンが気にするもの」と思い込んでいる方もいるようですが、加齢臭は女性でも30〜40代くらいから発しています。

 

ですので、自分に自覚がなくとも普段から予防や対策をしておかないと、陰で「あの人臭い…」などと言われることになっちゃいます。

 

そんな厄介なことこの上ない体臭ですが、じつはプーアール茶がその予防・対策に使えるのをご存知でしょうか?。

 

わきがの原因

わきがは、汗腺のひとつであるアポクリン腺から出る汗がにおいの元を作っています。

 

汗自体は無臭ですが、アポクリン腺から出る汗には脂質やタンパク質、糖質、アンモニアなどが含まれています。

 

これらの成分が皮膚の表面にいる細菌によって分解されると、独特の臭いを発するのです。

 

また体全体には皮脂腺というものがありますが、ここから分泌される油脂がわきなどから出る汗と混ざるとさらに臭いが強烈になります。

 

わきが対策

わきがの対策としてもっとも有効なのは、手術によってアポクリン腺を取ってしまうことです。

 

すでにいろいろな方法で治そうとしたけど治らない!という人は手術をすれば即刻解決できます。

 

もうひとつの対策としては食生活の改善です。

 

とくに、動物性脂肪を減らすことで臭いを抑えることができます。

 

また、直接的な対策としてはお風呂での洗浄です。

 

市販されている石鹸には、わきが対策用のものもあるので、一度試されてみてもよいでしょう。

 

加齢臭の原因

加齢臭の原因はノネナールという物質です。

 

ノネナールは、先ほど述べた皮脂腺の中のパルミトレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質が結合することによって発生します。

 

一般的に40歳を超えたあたりから、男女ともにこのパルミトレイン酸と過酸化脂質が増加する傾向にあるので、この年代ぐらいから発する臭いのことを加齢臭と呼ぶようになったのです。

 

加齢臭対策

現在では、人の老化には活性酸素が大きく影響を与えるとされています。

 

そしてノネナールを形成する過酸化脂質とは、その名前からわかるように酸化しすぎた脂質です。

 

この酸化を促すのが活性酸素です。

 

活性酸素はストレスによっても増加するので、加齢臭を予防するにはストレスのない生活をおくることも重要だと言われています。

 

またパルトレイン酸も過酸化脂質も、脂質に属するものですから、食事による脂質の摂取も控えることが大事です。


プーアール茶がわきがや加齢臭に有効な理由

肉料理とプーアール茶

プーアール茶の脂肪吸収抑制効果

このように、わきがや加齢臭の対策には、脂肪の摂取量を減らすことが重要です。

 

プーアール茶はこの脂肪吸収を妨げる効能があるので、体臭を予防するのに向いています。

 

同じ量の脂肪を摂取したとしても、体に吸収される量を減らせるので、わきがなどの体臭予防にもなります。

 

またプーアール茶に含まれる重合カテキン没食子酸はポリフェノールの一種です。

 

ポリフェノールには抗酸化作用があることが知られており、活性酸素を阻害する働きがあります。

 

漢方薬風呂

また、プーアール茶は飲むだけでなく入浴剤として利用することも有効です。

 

中国ではお風呂に薬(漢方薬)を入れて入浴する習慣があり、雲南茶風呂もそのひとつです。

 

雲南茶とはつまりプーアール茶のことで、これを湯船に入れて入浴するのです。

 

プーアール茶に含まれる消化酵素が、直接皮膚に作用し、臭いの元である皮脂を分解してくれます。

 

ただし茶渋が浴槽につきやすくなるので、こまめに洗うようにしてください。

 

※なお、当記事における解説は、プーアール茶一般についての見解であり、個別の商品に対する説明ではございません。

 

【関連記事】