妊婦 授乳 カフェイン 

妊婦・授乳期とカフェイン

ママと赤ちゃん

一般的に妊婦さんや授乳期にはカフェインは控えたほうが良いとされています。

 

しかし、飲みたいものを我慢するストレスも体には良くないので、適度な量なら飲んだほうがよいと言われています。

 

ではプーアール茶ではどれくらいの量なら問題ないのでしょうか?

 

とその前に、カフェインの効能と弊害、妊婦への影響についてみておきます。

 

カフェインの効能

カフェインの効能として有名なのは、覚醒作用や解熱鎮痛作用、利尿作用、胃酸分泌作用などがあります。

 

眠気覚ましのコーヒーは、まさにカフェインの効果です。

 

またその他には「自律神経の働きを高める」「集中力を高め作業能力を向上させる」「運動能力をさせる」などが明らかになっているそうです(参考(社)全日本コーヒー協会)。

 

そしてMLBのダルビッシュ投手が実践していることでも有名になったのが、脂肪燃焼効果です。

 

脂肪の燃焼には、リパーゼという酵素で脂肪を分解しなければならないのですが、カフェインはこのリパーゼを活性化する効果があるのです。

 

カフェインの取り過ぎによる弊害

効能のひとつである覚醒作用は、カフェインを取り過ぎると興奮状態にまでなってしまいます。

 

また眠気覚ましとしてしょっちゅうコーヒーを飲んでいたりすると、いざ寝るときに眠れなかったり、寝ても浅い眠りになり十分な休息を取れなくなったりします。

 

また、胃酸の分泌作用も、胃もたれの原因となり炎症を起こしやすくなります。

 

その他貧血、肌荒れ、血圧の上昇なども、カフェインの過剰摂取による弊害とされています。

 

カフェインの妊産婦への影響

妊婦

カフェインは胎盤を通りやすい物質で、お母さんのカフェイン量が多くなれば、そのまま赤ちゃんのカフェイン濃度も高くなります。

 

胎児は未発達なため、カフェインを消化するのに大人の何倍も時間がかかります。

 

カフェインは胎児にも覚醒作用があるので、赤ちゃんは覚醒・興奮状態になりやすくなります。

 

また、妊婦にとってカルシウム不足や鉄分不足は悩みの種ですが、カフェインはカルシウムを排出しやすくなり、カフェインと結びつきやすいタンニンは鉄分の吸収を阻害します。

 

いくらカルシウムや鉄分を補っても、それらを排出しやすい体になってしまうのです。

 

いっぽう授乳中はどうでしょうか。

 

乳児は母乳によって母体の約1%ほどのカフェインを摂取すると言われています。

 

またカフェインは成人の場合体外に排出されやすいので、授乳後にカフェインを取るぶんには、乳児への影響はほとんどないと言えます。

 

もちろん大量のカフェインを摂取すれば、まったく影響がないとは言えませんが、コーヒーをカップ2、3杯程度なら神経質になる必要はないでしょう。

 

プーアール茶のカフェインの量は
人が1日に摂取するカフェインの量はおよそ250mg〜300mgが目安とされています。

 

では各飲料にはどれくらいカフェインが含まれているのでしょうか。

 

コーヒーカップ1杯分(150ml)を目安にしています。

 

飲み物 カフェイン量(150mlあたり)
玉露 180mg
コーヒー(ドリップ) 100〜150mg
コーヒー(インスタント) 70mg
ココア 50mg
抹茶 48mg
紅茶 30mg
緑茶 30mg
ウーロン茶 30mg
麦茶 0mg

 

気になるプーアール茶のカフェイン含有量ですが、これは発行の具合によってカフェインの量も変わってきます。

 

生茶の若い芽から製造されたプーアール茶はほぼ緑茶と同程度。

 

熟茶など、発酵が進んだプーアール茶は緑茶の半分ほどのカフェイン量と言われています。

 

これはプーアール茶を購入するときに調べれば、カフェインの量は把握できると思いますので、妊産婦の方などカフェイン量が気になる方は事前に調べておきましょう。

 

 

美味しいから続くスッキリ実感ダイエットプーアール茶

 

 

 

【関連記事】