プーアール茶 効能 成分

プーアール茶の成分記事一覧

プーアール茶の成分:ビタミンB1

ビタミンB1(チアミン)の主な働きは、糖質のエネルギー変換をサポートすることです。疲労回復には欠かせない栄養素で、簡単に言うと、「元気の源」です。糖質をエネルギーに変える体内に摂取された炭水化物は分解されてブドウ糖となり、小腸から吸収されます。このブドウ糖は血液中を流れることにより全身の細胞に届けら...

≫続きを読む

プーアール茶の成分:ビタミンB2

ビタミンB2(リボフラビン)の主な働きは、細胞の再生とエネルギー代謝、とくに脂質からのエネルギー生産です。ビタミンB2は発育のビタミンビタミンB2は細胞の再生に影響を与えるビタミンで、健康な皮膚や髪の発育には欠かせない栄養素です。これが不足すると肌荒れや髪の毛のトラブルを引き起こし、また粘膜の再生に...

≫続きを読む

プーアール茶の成分:ビタミンA

ビタミンA(レチノール)の主な効能は、皮膚や粘膜の正常を保ち、免疫力など体全体の健康を保持することです。またビタミンAはレチノール当量で表されますが、これは動物性レチノールと、体内に入るとビタミンAに変換されるプロビタミンA(β-カロテンなどのカロテノイド)との合計量を意味します。皮膚や粘膜の健康を...

≫続きを読む

プーアール茶の成分:ビタミンE

ビタミンE(トコフェロール・トコトリエノール)の主な効能は、強い抗酸化作用です。ビタミンE自体は酸化しやすい物質ですが、体内の活性酸素とすばやく結合することにより、その他の成分が酸化するのを防いでくれます。若返りのビタミンビタミンEは、その強い抗酸化作用で細胞の酸化にともなう老化を遅らせることから「...

≫続きを読む

プーアール茶の成分:鉄分

鉄は必須ミネラルのひとつで、血液中の赤血球を作っているヘモグロビンの成分です。貧血予防には必須の栄養分です。貧血の予防ヘモグロビンは呼吸で体内に取り込んだ酸素を全身に運ぶ重要な成分です。このヘモグロビンを構成するのが鉄分で、鉄分が不足するとヘモグロビンも欠乏し、体中に十分な量の酸素を運べなくなります...

≫続きを読む

プーアール茶の成分:マグネシウム

マグネシウムは骨や歯などの形成に関わるミネラルで、カルシウムと密接な関係にあり、骨の健康を維持しています。また、体内の酵素を助ける働きもあり、糖質、脂質、タンパク質の三大栄養素の代謝には不可欠な栄養素です。その他高血圧予防、心疾患予防など健康維持には重要な効果をたくさん持っています。骨の健康を維持体...

≫続きを読む

プーアール茶の成分:カリウム

カリウムはナトリウムと拮抗関係にある、必須ミネラルのひとつです。細胞内液にあるカリウムと細胞外液にあるナトリウムがお互いに作用して、細胞の浸透圧を維持します。カリウムの主な効能としては、高血圧予防、むくみの防止・改善、筋肉機能の維持などがあります。カリウムの血圧調整作用ナトリウムは必須ミネラルのひと...

≫続きを読む

プーアール茶の成分:ポリフェノール

ポリフェノールとは、植物の苦みや渋み、色の成分で、自然界には約5,000種類以上あるといわれています。カテキンはポリフェノールのひとつで、緑茶などのお茶に多く含まれている栄養素です。カテキンカテキンは他のポリフェノールと同じく強い抗酸化作用があり、活性酸素の増加を抑え、生活習慣病の予防に効果がありま...

≫続きを読む