プーアール茶 効能 違い

プーアール茶と他のお茶との違い

最近CMで三谷幸喜が言っているように、ウーロン茶も緑茶も同じチャノキ(茶樹)から作られています。

 

さらには紅茶もプーアール茶も同じです。

 

これらの違いは、製造過程、方法等によるもので、もともとは全て緑茶なのです。

 

また、プーアール茶には生茶と熟茶があり、これも製造方法の違いによって分けられます。

 

ウーロン茶や紅茶は発酵していない

プーアール茶の製造方法を説明する前に、プーアール茶とその他緑茶系のお茶との決定的な違いを確認しておきましょう。

 

緑茶系のお茶の違いを語る際、よく「発酵」という言葉を使います。

 

緑茶は「無発酵茶」で、ウーロン茶は「半発酵茶」、紅茶は「発酵茶」、そしてプーアール茶は「後発酵茶」と呼ばれます。

 

しかし、プーアール茶以外のお茶は、じつは発酵させていません。

 

どういうことかというと、「発酵」とは本来、微生物を使用して酸化させたものを指します。

 

ヨーグルトは乳酸菌を使いますし、納豆は納豆菌を使って発酵させます。

 

しかし、微生物を使用して酸化させるお茶はプーアール茶(熟茶)だけで、ウーロン茶も紅茶も茶葉に残存する酵素だけで酸化させており、微生物は使用していません。

 

ですので、厳密に言えば発酵茶と呼べるのはプーアール熟茶だけなのですが、慣例としてウーロン茶や紅茶も発酵茶と呼ばれています。

 

当サイトでも慣例に従い、ウーロン茶なども発酵茶として扱いますが、発酵食品として分類できるのはプーアール熟茶だけであることは把握しておいてください。

 

 

プーアール生茶の製造方法

プーアール生茶は、茶葉を摘んだあと緑茶と同様すぐに加熱して酸化による発酵を止めます。これを殺青(さっせい)といいます。

 

次に揉捻(じゅうねん。茶揉みのこと)という作業を経て、天日干しにされます。

 

生茶の場合、先の過熱による酵素の不活性化は完全でなく、茶葉にはわずかに酵素が残ります。

 

この残った酵素が天日干しにより活性化し、発酵(酸化)が進みます。これが生茶が半発酵茶、といわれる理由です。

 

ですのでプーアール生茶の場合、茶葉以外の微生物は製造には関与しません。

 

プーアール熟茶の製造方法

殺青、天日干しまでは同じですが、この茶葉をカビを使って発酵させるのがプーアール熟茶です。

 

生茶はそのまま年月をかけて自然発酵させるのに対し、熟茶はカビ(黒麹菌)を使って強制的に発酵を早めることになります。

 

日本でプーアール茶と言えばふつうこの熟茶を指しますが、これは短期間で大量生産させるために考え出された製法で、中国ではプーアール茶といえば生茶を指すようです。

 

プーアール茶の特徴

プーアール茶の茶葉

プーアール茶はもともと中国の広州や香港でよく飲まれていたお茶で、高級品、嗜好品という側面があり、西域への重要な輸出品目でもありました。

 

西域に住む遊牧民にとって、プーアール茶は貴重なビタミンやミネラルの供給源だったのです。

 

この高級品であるプーアール茶を手軽に飲めるよう開発されたのがプーアール熟茶で、生茶に比べて色が濃く、水色は茶褐色のものが多いです。

 

また、茶葉の酵素のみで発酵(酸化)させるウーロン茶や紅茶とちがい、カフェインの量も少なくなります。

 

そのほかの特徴として、プーアール茶は「温性」のお茶です。

 

漢方医学の世界では、食べ物や飲み物に「温性」「涼性」の概念があり、前者を摂ると体は温められ、後者を摂ると体を冷やす効果がある、とされています。

 

緑茶やウーロン茶など、発酵(酸化)がないあるいは少ない場合は「涼性」のお茶となり、プーアール茶や紅茶などの発酵(酸化)が進んだお茶は「温性」に分類されます。

 

体を芯から温めるプーアール茶は、内臓の働きをよくし新陳代謝もあがり血流もよくなります。

 

とくに冷え性の方が多い女性は、体を冷やす「涼性」のお茶よりも、「温性」のお茶を常飲するほうがよいとされています。

 

 

美味しいから続くスッキリ実感ダイエットプーアール茶

 

 

 

【関連記事】